FC2ブログ

シトロエン Type Hバン

ヨーロッパ車
11 /16 2019
201911161034333c3.jpeg

ショッピングモールで、こんなのを見かけました。
シトロエンType Hバン… 1947年〜81年までと大変に長い期間製造されたバンです。

何と言っても特徴的なのが、この外観です。凸凹のある平面の板を多用しているのは、生産コストを安く上げた上で、強度を出すための工夫で、同時代のシトロエン2CVと共通したものです。

ガラスが全て平面ガラスで、しかもドアガラスがスライド式なのも、2CVと同じで、生産コストを抑えるための工夫からでした。

開発が戦前にスタートし、途中で第二次大戦が勃発したことから軍用車に転用され、戦後になってから市販されたという経緯も2CVと共通しています。

このタイプは、何度かマイナーチェンジを受けていますが、写真のモデルは、凸凹の無いボンネット、角ばったリアフェンダーから、69年に発売されたモデルに当たります。

パリとスペインで生産され、その殆どがフランス、オランダ、ベルギーで販売され、ドイツにはVWタイプ2という強力なライバルがいたことから、販売されなかった様です。

尚、ドアに関しては、オランダ仕様が68年から通常の前ヒンジに変更されたということです。

lシトロエン Type H

荷物室のサイドは、跳ね上げる様に開けることができ、丁度ひさしの様になるので、フードトラック等の移動販売には持ってこいの存在でした。

シトロエン タイプH フードトラック

こんなのが街にいたら楽しいですよね!

シトロエン Type H リア

リア周りも大変に個性的で、テールゲートは、上半分が跳ね上げ式で、下半分が観音開きとなっています。
これも、限られたスペースで容易に開閉ができる、大変に実用的なデザインです。

エンジンは…と思って下回りを見たら…有りませんでしたが、FFのドライブシャフトは残っていました。この時代にFFで、しかもキャブオーバーというのは大変に珍しい物でした。

何もかもが個性的ながら、全てに於いて実用性と低コストが徹底されているのがシトロエンの伝統でもあります。 逆にその質実剛健な設計思想こそが、この奇抜ながらも合理的かつ美しい?デザインになっているのでしょう。

少なくとも安っぽいだけの日米の安グルマとは大違いです。まあ、当時は安全基準が無かったというのもありますが...。

日本人の多くが初めてこの車を目にしたのは、ドラマ「俺たちの旅」だったのではないでしょうか?
中村雅俊を中心とした青春ドラマですが、この車に拘って無理して手に入れ、スパゲッティーの移動販売を始めた若者が登場したのですが…、結局ソレは上手く行かず、回り回って中村雅俊たちがこの車を手に入れて、「何とかする会社」で使用する様になるのですが…。

スパゲッティーで何でシトロエンなの? 本場イタリアの味と言っておきながら、ナポリタンなんかが有ったり… なんて突っ込みたくなりますが… こういう所こそが昭和の味ですね.…。

しかし、2CVや、このタイプHがアチコチ走り回った時代のパリなんて、それだけでも面白い街だったんでしょうね…。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

低コスト設計でもちゃんとデザインされてるのがわかりますね・・😉
PSAは自動車業界の最後の良心という人もいますが、どう思いますか😌
ドイツ勢は間違いなく悪意しかないと思いますが・・・😟

typeHのこのデザイン、日本でも軽バンベースにH風にカスタムしてあるものがあるあたり、影響力の強いデザインで、同時にいいデザインですね。パリの風景に添えたい感じがします。
今のシトロエンもプラットフォームこそプジョーと同じですが、前のゼニスウィンドウとか、最近のデザインとか、プジョーと差別化しようと頑張っている感じがしていいですね。旅行カバンをモチーフにしたというドアの取っ手も好みです。

ペンギン村のセンベエさんのやつ!!
日本でもタイプ2は割と目にしますが、これはついぞお目に掛かった事は無いですね。
めちゃめちゃお洒落だし、原宿や表参道辺りで移動販売してても似合うと思うのですが…

No title

m0p4rさん

やはり機能的で意味のあるデザインというのは、必然的に美しくなりますね。
プジョーやシトロエンのあの走りと言い、サスペンションと言い、ものすごく良く出来てますね。特に全てが床下に収まるリアサスペンションなんかは傑作です。
ドイツ車は…正直欲しいと思ったこと無いので…。

No title

chagatayidさん

ある意味飾りっ気も何もない安っぽい作りの車が、コレだけ個性的で街に溶け込むんですから、フランス人のセンスは大したものです。
プジョーとシトロエン、シャシーを共用しながら、結構乗り味は違いますね。私はシトロエンの方が好きです。

https://americancars4ever.fc2.net/blog-entry-453.html

今の車に比べると、特に2CVなんかは技術的に見て非常に面白いですね。車はドイツで生まれ、そしてフランス車が現代の車の直系の祖先と言われています。

オシャレに、可愛く…なんて言ってデザインされたモノとは違います。

No title

monjiさん

鳥山明といえば、この手のデフォルメ画の天才!
こんな安く作ることを最優先にした実用車が、足立区じゃなくて原宿や表参道に似合う という事実!

フォードのバンでもハイエースでもダメ、コレだからこそ…って雰囲気が確実にあるね。

No title

なお今のシトロエンは…先進的な技術も、奇抜ながら面白いデザインも失われてしまいました。残っているのは、ただ悪目立ちする事だけを追い求めたような醜悪な鉄屑か、ドイツ車の後追いをしたゴミだけです。DSオートモビルズ?こんなの誰が買うんでしょうね?調べたらシナ人向けとの事です。なるほどダサい訳だ(呆)

No title

MAXIさん
まあ、この10数年ほどのシトロエンは、正直特別なデザインだとは思いませんけど、それでもあの走りは良いですし、プジョーとは違ったやわらかさがあります。
それにドイツ車が嫌な人って、結構居るんで、そういう層にはそれなりに支持されていたりします。
まあ、限られた予算でプジョーとの差別化という難しい立場にいるのは確かですが、フランスで見ていて一番醜悪なのはルノーだと思いました。
DSってのは上級ブランドですよね?まあそんな事やっても・・・。

No title

DS葉2009年にシトロエンの高級バージョンとして設立され、最近分離したブランドですね。今のフランス大統領車もDS7という車が使われています。新興ブランドだからか、ラインナップがなかなか揃わないようですね。外装はともかく、内装はそんなに嫌いじゃないです。PSAとFCAが今後合併するという話がありますが、PSAのCEOはブランドが消えることはないと言っていたものの、合併したら13ぐらいのブランドが一つの会社に纏まるので、どうやって差別化していくのだか・・・

No title

本日広尾にて
https://i.imgur.com/t2SXupS.jpg

調べてみたら300台程しか輸入されて無いらしい…
貴重な一台ですねー
どハイソな広尾の街に似合ってました。

No title

monjiさん
実際にそういう使われ方が似合うね。
言ってみれば軽トラみたいなこの車が、広尾に似合うってのが、ある意味凄いね!

Hバンは雰囲気が良いですね

今晩は、
Hバンは雰囲気も良し、
使い勝手も良しで人気ですね。
人気は世界的な様子で
この間レプリカを発見し
ブログに上げました。
宜しければご覧ください。

No title

MAXIさん
まあ、この10数年ほどのシトロエンは、正直特別なデザインだとは思いませんけど、それでもあの走りは良いですし、プジョーとは違ったやわらかさがあります。
それにドイツ車が嫌な人って、結構居るんで、そういう層にはそれなりに支持されていたりします。
まあ、限られた予算でプジョーとの差別化という難しい立場にいるのは確かですが、フランスで見ていて一番醜悪なのはルノーだと思いました。
DSってのは上級ブランドですよね?まあそんな事やっても・・・。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。