FC2ブログ

初代マスタングの車体番号1番!

フォード
09 /29 2019
20190929171437e13.jpeg


先日、通勤中のラジオのニュースでこんなのを耳に挟みました。

64年初代マスタングの車体番号1番…この車を販売したセールスマンが、55年ぶりに再会したというのです...。

現在この車は、ヘンリーフォードミュージアムに保管されているそうです。普通フォードは、全ての車の生産第1号は保管しているそうなのですが、初代マスタングの場合、何故かそうなっておらず、この個体も、本来は販売用ではなく、ショールームの展示用だったそうです。

この車が販売されたのは、アメリカではなくカナダ、しかも大都市部ではなく、辺境のニューファウンドランドでした。何故このようなことが起きたか...というと、4月17日に一斉に発売するに当たり、辺境地には、より早い時期に車が発送されたという事情が有った様で、2番は、同じくカナダ辺境のユーコン自治州に行ったそうで、此方も現存が確認されています。

フォードからは、この車が展示用で、発売後に返却するように伝達があったそうですが、そのディーラーのセールスには伝わっておらず、現在84歳になるかつてのセールスマンが、地元のパイロットとして有名なスタンレー・タッカーという人に発売の1日前に販売しましたが、コレほど楽に車を売ったことは無いと懐述しています。

フォードはソレを買い戻そうとしたものの、タッカー氏から拒否され、2年後に再び連絡し、今度はシリアル番号100万の新車に好きなオプションを全て付けたモノと交換するという条件で、買い戻すことに成功したそうです。

この事は、僅か2年でマスタングが100万台を達成したことを示しており、その人気を示すエピソードの一つとなっています。そして、ディアボーンでは、その車のラインオフが盛大に祝われたということです。

因みに此方はタッカー氏によってニューファウンドランドの厳しい気候の元で酷使され、70年代の中頃に氏のメカニックに売却されて以降、所在は分からないそうです。

現在、こんな風に衝動買いしたい様な車も有りませんし、車体番号1番の現行マスタングですら全く価値を感じません。やはりあの時代、そして、あの初代マスタングの人気故のエピソードですね...。
スポンサーサイト



フォード・フォーカスのボンネット開閉

フォード
08 /22 2019
。以前のフォード・フォーカスのボンネットの開け方を知っていますか?

スッと開けられた人で、予備知識無しという人は、恐らく皆無でしょう。

イメージ 1

…というのも、写真の様にフロントグリのエンブレムを開いたら、そこに鍵穴があるのです。

まあ、普通の人はならコレでも特に問題ないでしょうけど、整備現場では実に厄介なのです!

例えば試乗して、整備工場に戻って再びボンネットを開ける…なんて時は、イチイチエンジンを切って、キーを抜いて…という風になり、この少しの手間も大変に煩わしく思えるのです。

更に最悪なのは、例えば走行時の異音をテストしている時です。異音というものは、いつでも確実に起こるとは限らず、一度発生したとしても、一度エンジンを切ってしまうと、再発しないというパターンは物凄く多いのです。

試乗してせっかく異音が発生したのに、エンジンルームを点検するには、エンジンを切らないといけない…そして二度と再発しない…。

警告灯だって、一度エンジン切れば再発しない、ダイアグに繋いでも何も記録が残っていないなんてパターンも結構あるのです。

フォード如きの品質でコレは拙いですね...。
大体ボンネットを一番開ける頻度が高いのは整備現場です!そこで煩わしいなんて、言語道断です。

ですので、ある程度面倒な整備が予想されるときは、前もってキーを二つ持ってくる様に言った方がいいと思います。

流石に拙さに気付いたのか、現行モデルでは、通常のタイプに変更されています。盗難の恐れの高いコンバーチブルなら兎も角、平凡極まりないこの手の大衆車にこんなの採用した理由は何だったのでしょうか?

正に技術者の自己満足そのものですね。こんなモノ設計する金があるのなら、もう一ランク上の部品を使った方が良いと思いますよ!

フォードの品質

フォード
05 /03 2019

イメージ 1


フォードを弄っていて頭に来るのは、ホイールの着脱時です。

フュージョンのホイールを外そうとしたところ、5つのナットのうち、本来の19mmのソケットで外せたのは僅か二つでした!

もう一つは、普段全く使わない20mmのソケットで何とか外す事が出来ました。

あとの二つは…というと、20mmのソケットでもキツくてダメで、21mmだとゆるくてダメ…という具合でした。

5つのホイールナットに実に3種類ものサイズが有るのです!

しかし、これは違うナットを使っている訳ではなく、皆純正なのです!

フォードのホイールナットは、鉄のナットの上にステンレスのカバーがしてあるのですが、そのカバーが着脱によって段々と変形してきて、こうしたサイズに変化が起きるのです。

イメージ 2


結局最後も二つは、ホイールに傷を付けない様にカバーを破壊し、一回り小さい18mmのソケットで取り外しました。

皆さんは、こんな初歩の初歩すらマトモに作れないメーカーの車を買おうと思いますか?

そんなの枝葉末節の話で、本当に重要な部分はちゃんと作っている筈…と思いますか?

実際、ぱっと見だけで、どこまで行っても雑なだけですね…。フォードと言えば、プラグッホールがダメになるという持病もありますし、私はこんなメーカーの車、信用しません。

ホンダのフォード車販売

フォード
10 /04 2018
イメージ 1

かつてホンダがフォード車の販売をしていたことをご存知でしょうか?

1970年代初頭、ホンダはフォードとの提携を開始し、74年、フォード車の販売を開始するに当たり、国内ではそれまで「ホンダ中販」と言われた中古車販売部門をHISCO(Honda International Sales Corporation)と改組し、従来通り中古車販売の他、フォード車の販売に当たったのです。

主にマスタング2やグラナダといった小型車を販売していました。

リー・アイアコッカ氏の自伝には、本田宗一郎氏とのツーショットがあり、一緒に写っている74年型マスタング2の第一号が贈与されたということでした。

当時のホンダといえば、小型乗用車のシビック、他は軽自動車しか無く、しかも、その軽自動車も軽免許の廃止を始め、車検の義務化、排ガス規制への対応、550ccへの規格変更等から旨味も消え、撤退が決まっていたことから、シビックより上のクラスの車が必要であった・・・という背景があったのです。

このあたりの背景は、90年代、急速に拡大したSUV市場に対し、独自の車種がなかった関係から、ジープの販売を行ったのと似ています。

しかし、時代的には正にオイルショックの影響をモロに受けたということもあり、販売は上手く行かず、比較的短期間で終了した様です。

私が昔ホンダで勤務していた時、工具棚の片隅に、どう考えてもホンダ車には使わない様なインチ工具が箱に入れて放置されていたのですが、その時のモノだったのでしょう。

ジープの時は、その工具が再利用されることもなく、プロトのセットが導入されたのですが…チェロキーって80年代の設計だったこともあり、メトリックが多く、インチの使用はそれ程多く無かったと思います。

イメージ 2

その後、76年にはアコードが登場し、78年にはプレリュードが登場し、自動車メーカーとしての体裁が整っていきました。

そして、初代アコードのスタイルは、間違いなくこのマスタング2のファーストバックスタイルの影響を見て取ることができます。

当時のホンダは正に中小企業、故にこんな話も、ホンダのサイトにチョコっと出てくるだけです。

私がホンダに居た当時は、まだ70年代の初代シビックやプレリュード、アコードといった車種が入庫していましたが、流石にフォード車は一度も見たことがなく、当時の先輩の話しから知っているという程度のことでした。

そしてフォード車の販売を中止した後もHISCOという名前は残りましたが、中古車販売の割に、随分と偉そうな名前だな…なんて不思議に思ったものでした。

ホンダの中古車販売の何処がインターナショナルなんだ?って…。

そのHISCOもオートテラスに変わって随分と経ちます。
既に当時の関係者は退職しており、完全に忘れ去られた話しですね…。

アメ車の整備性、耐久性

フォード
09 /02 2018
アメ車は丈夫で長持ちする。
乗用車はともかく、トラックは良い。
アメ車のエンジンは丈夫で長持ちする。
アメ車は誰でも整備ができる。
アメ車はシンプルで整備性が良い。

皆さん一度は耳にしたことがあると思います。

イメージ 1

写真は、私の会社で使用しているフォードE-450のバスのボンネットを開けたところです。

見て下さい!この雑然としていて、しかも隙間という隙間が全く無い様を…。

辛うじて奥の方にオルタネーターが見えますが、ファンベルトを交換するには、この巨大なラジエーターを取り外してやらないと、何も出来ません。

この手の車を整備するには、ボンネット側、室内、フェンダー、下…と頻繁に移動しながら作業することになります。

Eシリーズというのは、要するにバンなのですが、フロントが短い分、エンジンの半分が室内に飛び出しているのです。

ボンネット側から殆ど何も出来ない…だったら室内から簡単に整備できるのか?そんな甘い話しではありません。

イメージ 2

コチラは室内からの写真ですが、ご覧の通り、ほとんど何も見えません。
排気系の直ぐ横を複数のゴムのホースが通っています。

ゴムのホースだろうが何だろうが、銀色の断熱材でカバーさえすれば、排気系の横だろうがお構いなし…アメ車ってこういう雑な作りが多いですね…。

コレじゃ余りに気持ち悪いので、タイラップで右側(排気側)に移動しないようにしてやっています。

しかも、アチコチに使われている断熱材がグラスファイバーなので、作業中、それこそ体中が痒くなります。

では、この車が丈夫か?というと、皆たかだか30万キロも走らずにエンジンが駄目になり、皆載せ替えを経験しています。

確かに走行距離は少ないとは言えませんが、タクシーみたいな走り方をする訳でもなく、高速走行だって非常に多いのですが、丈夫なはずのアメ車も結構大したこと無いですね…。

この手のトラックで一番人気の有るフォードですらコレ…正直酷いですね…。

因みに私の周辺でも、アメリカ製ピックアップを乗っている人の多くが、何らかの理由でエンジン交換をしてます。皆新車で買った奴なんですけどね…。


americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。