FC2ブログ

2015 MacBook Pro15インチ、バッテリーリコール その3

IT関係
10 /29 2019
MacBook Pro 15 2015 model

バッテリーのリコールで修理送りとなった2015 MacBook Pro15インチを引き取ってきました。

預けたのが木曜日、5:45PMの予約でした。
そして日曜日、午後2時頃、修理完了のメールを受け取りました。

一般にパソコンのメーカーのサービスというと、平日のみの営業で何処も5時で終了、しかも大抵は人里離れた産業地帯にあり、仕事をしている人にはなかなか行き難い場所ですが、アップルストアは大抵交通の便の良い所にあり、私の行った店舗では、水、木、金は9時まで営業していますし、当然週末も営業しており、修理作業も週末を通して行われています。

そして所要時間ですが、5日と言われていたのですが、3日で終了しました。
今日引き取ってきたのですが、最初に言われていた通り、バッテリーと共にキーボード、トラックパッド、本体上カバーも交換され、新品同様の状態です。

バッテリーが加熱する…という話しだったのですが、もしかしたらバッテリー本体だけでなく、冷却性を向上させる為に、カバー等の設計変更もされているのかも知れません。

この辺りに関しては、敢えて質問はしませんでしたが、サービスが迅速な上に、直に知識のある人と接する事ができるのが有り難いですね。

東芝サービスなんかは、何も知らない無愛想な受付にPCを預ける…コレだけで不安でしたし、更に仕事も雑で、知識のある者と話すことも出来ません。

2015-MacBook-Pro-15-battery-capacity-before.jpg

コレが古いバッテリーの最大充電容量です。
購入当初は8700mAh弱であったのですが、やはり3年経つと、それなりに減ってきます。

バッテリーの初期化(バッテリーが切れてオフになるまで放置、オフになってから3時間ほど更に放置後、完全充電)を行うと、8200mAh台に回復します。

2015-MacBook-Pro-15-Battery-capacity-after.jpg

コチラが新しいバッテリーでの値ですが、新品当初よりも容量が大きいですね。
過去3−4年の間にバッテリーの性能が向上したのでしょうか?

何れにせよ、サービスも迅速で、非常に気持ちのいい取引をすることが出来ました。これで恐らく有料バッテリー交換無しに天珠を全う出来ることでしょう・・・。

こういう顧客サービスって、元は日本の得意分野だったんですけどね…今やソレを徹底的に研究したアップルの方がサービスは上です。

因みにMacが留守の間、久々に東芝を引っ張り出したんですけど…モニターの酷い事と言ったら…色もメチャクチャですし、少しでも角度が変わるとロクに見えない上に、全体的にモヤモヤしていて…あんなの使っていたら目がおかしくなります。

Macを買った当時、そろそろ目が…と思っていたのですが、あれから3年、未だに老眼鏡は使っていません。

やはり見易いモニターは、目にも優しいのかも知れません。
そういう意味でも、高い買い物も無駄ではなかったと思います。



スポンサーサイト



MacBook Pro 15インチ バッテリーリコール その2

IT関係
10 /25 2019
MacBook Pro 15 2015 model

前回お知らせした先代MacBook Pro 15インチのバッテリーリコールに預けてきました。

予約の時間にアップルストアに行くと、故障診断を行い、問題が無かったのでバッテリー交換作業に入ります。

バッテリー交換…アップルの場合、コレが非常に難易度の高い作業です。


裏のカバーを外し、それこそほぼ全分解になるのですが、今回はキーボード、トラックパッド、そしてアルミ製の上カバーも交換になるそうです。

総費用が648ドル!その内上カバー一式が519ドルで、バッテリーのみの交換に比べて、かなり割高になっていますが、当然リコールということで、全て無料です。

上カバーに少しきになるキズがあったので、丁度良かった様な…。

日数は5日程かかるそうですが、東芝なんかが、例えばネジ一本で着脱可能なディスクドライブ交換の様な修理でも一律2週間かかることを考えたら、かなり良心的と言えるでしょう。

ちなみに東芝カナダの場合、ディスクドライブ交換でも、漏れなく勝手にHDDフォーマットされます‼︎

やはりウィンドウズなんかと比べて、身近に専門家に会えるというのは、良いことですね。

まあ、その為の高価格とも言えますが…。

高価格と言えば日本のパソコンですが、アレは完全にガラパゴス化しています。
北米では既に全社撤退していますが、日本国内では相変わらず高いシェアを誇っています。

そして、その凄まじい低性能に対して、凄まじいプライスタグが付いています。
コッチで500ドルで買えるモノよりも低性能なモノが10万オーバで売られているんですから!

まあ、コレもサポート代と言えなくもないのですが、そのご自慢のサポートも、基本電話ですし、やはりアップルストアの方がトータルのサービスは上ですね。


MacBook Pro15インチ、バッテリーリコール!

IT関係
10 /05 2019
2015-16年にかけて販売されたMacBook Pro15インチに、バッテリーの不具合があるということで、リコールが発表されています。

私が久々にマックを購入したのは2016年11月、Retinaの最終モデルの
MacBook Proの15インチですが、コレは2015年後期モデルということになります。

私の購入した直後に発売された新型は2016モデルになりますが、私が購入した当時、既にアップルストアに現物があり、実際に手に取って確かめたのですが、コチラはUSBやSDカードスロットを廃止していること、バタフライ式キーボードのタッチがイマイチなこと、タッチバーに必要性を感じないこと、そして大幅な値上げから、敢えて避けたのですが…。

今日、アップルからメールでバッテリーのリコールの話を聞きました。
アップルから来たリンク付きのメールなのですが・・・最近こういうのを受け取ると、どうも偽物の様な気がしてしまい、メールのリンクはクリックせず、実際にアップルのサイトで確認してから、ソレが事実であることが分かり、私のシリアルナンバーが対象であることも確認できました。


バッテリーが加熱して安全上に問題が有るということなのですが、確かに夏の暑い時期、結構熱くなっていました。

3日程預けることになるそうなのですが、まあ、3年使って無料でバッテリー交換してもらえるのなら、運が良かったですね・・・。

購入時、200ドル分のサービス券を貰っており、コレは将来バッテリー交換にでも…と思って残してあるのですが、その必要も無くなりました。

さて、何買おうか…と思った所で、特に欲しいと思うモノも無いんですよね…アクセサリーまで純正で揃える様な趣味は無いですし、今のパソコンなんて、正直単体で何でも出来るので、アクサセリー自体も必要ありませんから。

アマゾンからの偽メール!

IT関係
06 /25 2019
イメージ 1

今までアップルを名乗る偽メールを頻繁に受け取っていましたが、今回はアマゾンを名乗る偽メールです。

セキュリティー上の理由で中断?

あまり日本人は使う言い回しではありませんね。

この本文も、間違っても日本人が書いた日本語とは思えません。
「誰かが」なんていう幼稚な言葉遣い、しませんよね?

最後の
   
 「あなたのアカウントは永久ロック.」

この尻切れトンボ感が凄まじいですね…。なぜ最後だけ「。」じゃなくてピリオドなんだか、全く意味不明です。

メールアドレスも相変わらずこんな感じですし・・・。

   no-reply@accounts.google.com

人騙すのなら、もう少し頭使えよ!って思いますね…。
皆さんも騙されない様に注意してください!

ジオシティーズ終了!

IT関係
04 /02 2019
3月31日を以て、インターネットの黎明期を彩ってきたジオシティーズが終了しました。

多くの人にとって、最初にサイトを構築したのがこのジオシティーズで、私も例外ではありませんでした。

その膨大なネット遺産が既に閲覧不可能となっているのは、なんとも寂しい話しなのですが…。

せめてもの救いは、まだサーバーから情報が消えてしまった訳ではなく、自分のサイトを取り出し、他に移動するなりの作業は、2020年3月末日まで可能ということになっています。

ソレ以降は全ての情報が削除されるということです。

まあ、サイト自体皆技術レベルも低いものが多いので、今更移動する人がどの程度居るかは不明ですが…。

私の場合、取り敢えず3月31日までに全て情報を回収し、PCに保存していますが、コレを何処かで公開するかは…。


多くの人にウェブ構築という新しい活動の場を提供してくれたジオシティーズには、やはり感謝のほかありません。

アメリカ本国のジオシティーズの閉鎖から10年、そう考えると、随分と長く続いたものですね・・・。

Yahooブログの終了もあと8ヶ月…。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。