fc2ブログ

ビュイック・リーガル

ビュイック
05 /31 2016
イメージ 1

先日酷評したポンティアック・グランプリですが、丁度その兄貴分のビュイック・リーガルをカメラに収めました。

最終モデルでも20年経っていことが信じられない位に綺麗で、恐らくワンオーナーで年配の方が乗っているのでしょう。

それにしても酷いデザインです。

Wカーは、とにかくプロポーションの悪さが致命的なのですが、その中でも何が悪いか…というと、やはりCピラーの形状だと思います。

当時のWカーは、どれもグラスエリアを大きく取りたかったのか、Cピラーをこうやってガラス張りにした様なデザインでしたが、これでは安定感が出ないのは当然です。安定感どころか、グリーンハウスが完全に宙に浮いてしまっています。

そこで、その辺りを中心に、フォトショップで弄ってみました。

イメージ 2

その結果が、此方です。

やはり、Cピラーの形状だけで、全く受ける印象が異なりますね。

ただ、この車の場合、予想通りコレだけではダメで、結構アチコチを細かく弄っています。

中途半端な高さのトランクを少し持ち上げ、妙に丸っこいリアガラスを少し直線的にし、リアドアの後部のラインも少し整形してあります。

あとは、ドアガラスの下端、つまりベルトラインですが、オリジナルでは、妙に丸っこいラインがだらしなく見えるので、直線的に整形してあります。

正直言うと、リアのホイールアーチを始め、フロントマスク等、弄りたい所はまだまだあるのですが、コレ位なら、もう少し評価もマシだったのではないでしょうか?

改めて弄ってみて、これはカッコイイ訳が無いです。

因みに、このwカーの特徴は、金太郎飴化したGM車の反省から、ブランド毎の個性を徹底的に追求したはず…なんですが、ポンティアック・グランプリのセダンは、グリルとテールランプ以外、全く同じ格好をしており、ココでもGMのバカさ加減を存分に発揮しています。

80年代当時、重病のGMを鞭打ち、徹底的に引きずり回した挙句、更に病状を悪化させたロジャー・スミスCEOは、Wカーの失敗の原因を質問され、分らないと答えています。一度でもこの車を目にしたら、大抵の人は瞬時に理解するのですが…GMの経営陣というのは、その程度だったのです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

なんと 言ったらよいのやら 決して 安い買い物ではない …何故? お買いなされた? 理解に 苦しむ 1台です。 そんな 1台を 大切に 綺麗に のり続ける もはや …自体 わたくしの知り得ない 次元の存在 なのかもしれません…

No title

> 長岡屋さん
故徳大寺先生は、アメリカ市場を「巨大なゴミ捨て場」と表現なさいました。

あのクソボロいトーラスですら、あんなに売れ、このWカー連合は、更にトーラスよりも売れて…。

不人気と言われる割には、随分と売れていたんです。アメリカ人の大部分は、車を交通手段としか見ていないので、こんなのでも売れたんでしょう。

No title

ヴィニールトップのアメ車は1980年代が有名ですね。日本も亜流が結構ありました。
なんか懐かしい・・・1940年代のイギリス車にもありました。
しかし最近(でなくても)のアメ車はもう、どうでもいいです。

No title

> mer*ury*1*pさん
ビニールトップは、80年代には下火になっています。ビニールトップは、デザインの他にも、ルーフの傷隠しなんかにも使われたりしましたが、この手はアングロサクソン系の国だけみたいですね。

ビニールトップの衰退と、アメ車のデザインの劣化は同時期に始まっています。

No title

あのちっちゃい窓って車上荒らしに狙われるし(あそこだけ割れば目立たないから)良いイメージないですね。
プリウスやランクルなど盗難上位車種は三角窓のヤフオク需要が高いです・・・

No title

> Monjiさん
アレは結構割りやすいし、仮にあそこがガラスだから、視界が広いか?と言っても、大したこと無いしね。

それよりも、グリーンハウスとボディーの一体感が皆無のスタイルは、やっぱり論外。

No title

小生は個人的にGM Wカー初代としてのビュイックリーガルのデザインはセダン/クーペとも適度な繊細さが感じられ、同シリーズのポンティアック・グランプリのちぐはぐな造形、シボレールミナのブリキ細工ぶりとは一線を画する個性があったと思います―特にクーペなどマセラティ・シャマルのデザインモチーフを曲面基調でスリムに消化した魅力が感じられます。
問題はこのリーガルセダンの後期型、こいつは1994年辺りにデビューした時点でせっかくの6ライトの曲面デザインのボディに取って付けたようなメルセデス風グリルが与えられ、小生にとって魅力的だった初期型の縦縞基調の薄型のフロントマスクから一変「ブラックジョーク」そのものに堕してしまったショックは今も鮮明に思い出されます!!!!
そもそもこの頃からGMも目に見えて正気を失い始め、日本車攻勢に対処しあぐねてメンツなき戦いへ入っていったことは絶対事実です!何ならそこから数年を待たずに今度はオールズモビルの98を落として88にケバい年増女の如きグリルを取り付けて無理に「最上級車」に仕立てる「不祥事」をやらかしたこと、管理人様もご記憶ですよね!!!!

No title

> 真鍋清さん
リーガルのセダンは、コレのグリル違いですし、クーペはシルビアなんかよりもか細い貧弱なスタイルです。

とても全長5mの大型車とは思えないか細さです。写真のコレも、メルセデス風のグリルでしたね。

95年に一足速くルミナの新型が出ますが、それだって手抜きの権化みたいなスタイルでしたし、クーペのモンテカルロも、完全に腑抜けでした。

折角トーラスが自爆してくれたのに、そのお零れすら貰えない有様でした。

88ベースのレージェンシーも酷かったですね。こんなだから、アコードやカムリに軒並み市場をさらわれたんです。

No title

GMもとうとう、ビュイックの乗用車ラインナップはリーガルだけになりましたね―ラクロスの今年3月を以ての生産終了を受けて!
さてその現行リーガル、生産工場すら北米かどうか怪しいと見て調べたところ「案の定」ドイツのオペル工場にて全量生産されてそいつを完成車輸入して売るブランドがビュイックというまでの話―これってOEM生産なんてレベルじゃなくてかの輝かしい歴史を持つ「かつての老舗」ビュイックという記号はたかだか「ストアブランド」に過ぎなくなるわけ!?
小型SUVのモッカもオペル製造となると曲がりなりにも「ビュイック」名を持つクルマの内中大型SUVたるエンクレイヴぐらいしか米国生産車が残っていないことになりはしないか!!!! するとGM内においても「ビュイック事業部」は「乗用車の仲間にすら入れてもらえない」トラックと紙一重の商品たるSUV専用ブランドに等しくなるわけで、「GMCブランド」と何が違うの?という業態ですよね!? まさに飼い殺しに等しい生き様ですよね!!!!

No title

> 真鍋清さん
OEMなんてのは昔からありますが、それでも以前はグリルやテールランプを変えたりしていたものです。
ソレがこのリーガルの場合、グリルまでも一緒で、しかもドイツ製・・・本当にアメリカGMがオペルの輸入販売をしているだけです。

最早コレも中国専用車なんですよね・・・アベニール・コンセプトも出てこないみたいですし、本当に中国ブランドになりますよ。

もうビュイックを有難がる年代なんて、免許返納の時期ですから。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。