FC2ブログ

ポンティアック・パリジェンヌ

ポンティアック
11 /13 2019
Pontiac Parisienne

ポンティアック・パリジェンヌというのは、GMカナダが販売したポンティアックの最上級モデルでした。

59年モデルが最初でしたが、当時のポンティアックはシボレーよりも一回り大きかったのですが、パリジェンヌはボディーサイズはシボレー・インパラと同じ小型のものに、外装や装備をアメリカのポンティアック・ボンネビルと同様にグレードアップしたものでした。

以降アメリカではボンネビル、カナダではパリジェンヌとして販売されていましたが、77年に発売された写真のタイプは、先代よりも大幅なダウンサイズを受けており、既にボンネビルとの差は無くなっていました。

Pontiac Parisienne

尚、この世代は、唯一アメリカで販売されたパリジェンヌでもありました…というのは、82年モデルでボンネビルがインターミディエイトにダウンサイズされたものの、その後の原油価格の低下でフルサイズの売り上げが回復したことから、84年に急遽アメリカでも販売される様になったのです。

セダンの他にクーペ、ワゴンも用意されていましたが、この頃になると、本当に各ブランドの個性は薄まり、特にこのグリルなんかを見ても、オールズモビルと大差ない…という有様でした。

Oldsmobile-88.jpg
 - オールズモビル88… 正直違う車には…

しかし、この色といい、ビニールトップといい、やはりシボレーよりもワンクラス上…という雰囲気には仕上がっています。
そして、この世代は最後にポンティアック製のエンジンが用意された事でも知られ、それ以降は全てシボレー、ビュイック等、他ブランドからの流用になりました。
この辺りは20数年前、私が初めてバンクーバーに来た当時、シボレー、オールズモビルと並んでタクシーとして使用されていましたが、既に現地の人は、あんなの皆同じ…という扱いで、既にその当時、GMのブランディングが意味をなさなくなっていたのです。

ポンティアックというブランドは、60年代にスポーティー路線に走る以前は、どちらかというと上品で女性向けというイメージのブランドでした。ボンネビルはそのスポーティー路線の走りとも言えますが、同時にこのパリジェンヌは、その名前からして旧来のイメージの名残りの様に思えますし、その名前故か、この車にスポーティーな印象はありません。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんな金太郎飴時代でもみんなV8積んでいたという事実・・・🤔
これは心に留めておきたい😤

No title

このテールランプ…同世代のインパラに同じようなのが付いてたような?
パリジェンヌは後輪にスパッツ履いてた記憶があるのですが、これは付けていませんね。あれがあるとかなりエレガントに見えるのですが。

No title

やはり私はこの頃のアメリカ車が大好物ですね、いかにも、って感じで。

この形はシボレーカプリスと同じでしょうか?

名前とブランドが違うだけという感じですね。

でも、パリジェンヌという名前は初めて知りました。

私は今もそうですが、どうしてもアメリカ車には角張ったデザインであって

欲しい、と思ってしまうんですよね・・・・

No title

m0p4rさん
この頃はV6も有りましたけど、やはりあの時代に敢えてこんなの買う人は、V8が多かったと思います。

No title

白さん
正直後ろ姿はシボレーそのものに見えます。
スパッツは、上級仕様のブロアムなんかに付いていた様ですね。
正直現車では見た記憶がありません。ポンティアックの上級車買うよりも、私ならオールズモビル選びますね。

No title

WWF888899さん
この手は殆どシボレーと同じですね。
今から見ると良い雰囲気に見えますが、仙台と比べると、少し直線的になり過ぎたと思います。
それでもコレは紛れもなくアメリカ生まれのデザインですし、街に溶け込みます。
デザイナーも多国籍化して、もうこういうデザインは出ないでしょうね…。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。