トヨタ・ジャパンタクシー

日本の話
12 /22 2019
今回日本に帰ってきて、街の景観が変わったと思わせるのが、このジャパンタクシーでしょう。
5ナンバーのコンパクトな車体に、背の高いロンドンキャブの様なスタイルが目に付きます。

この間乗ってみたのですが、スライドドアと背の高さによる大きな開口部による昇降性の良さ、広々とした足回りには、機内持ち込み用の小型スーツケースなら入ると思います。

トランクは、前後長は長くないものの、高さが大きいので、スーツケースを立てた状態で幾つも入れることが可能かと思います。

そしてハイブリッドは、主に細々とした街中を長時間走り続けるタクシーに向いているのは、バンクーバーで10数年に渡ってプリウスが使い続けられていることからも、実証されています。

今後クラウンは徐々に無くなり、このジャパンタクシーに置き換える計画だということですが、経済的でコンパクトで、昇降性、居住性、積載性に優れたこの車は、非常に好印象でした。

まあ敢えて言えば、走りの雰囲気が、相変わらず薄っぺらいトヨタだな…なんて思いましたけど。

どうせなら、光岡辺りでコレをベースに、ロンドンキャブのレプリカでも作ったら面白いかも知れませんね。

少なくとも、ニッサンNV200にならないで良かったですね!

Comments

Private comment

No title

ジャパンタクシーという車名だったんですねあれ🤔
それにしてもクラウンタクシーをこれだけ長く使ったのも驚きです😒
言うならばアメリカで今でもボクシィなカプリスタクシーが走ってるようなものでしょう😯

No title

恐ろしくダサいベース車の紫煙多同様ブサイクなのがネックですけど、商売に使う車なのでそんなのどうでもいいのでしょうね。化石みたいなコンフォートよりはマシなのでしょう。しかしグレードに“和”だの“匠”だのご大層な名前をつけていますが、全くその要素を感じないのはいただけませんね(苦笑)

色が限定色を入れて3色のみで、扉にはデカデカとTOYOTA&東京オリンピックのステッカー貼付。自意識過剰で押し付けがましい所は如何にもトヨタらしいですね。あの会社のシートは概ね評判がよろしくないですが、これはいかがでしたか?

No title

m0p4rさん
コンフォートも23年生産されたので、まさに化石です。
角形カプリスよりも長かったと考えたら、凄いことにですね。まあ生産から5-6年は使うでしょうから、あと4-5年、トータル30年近いということになりますね。

No title

MAXIさん
ベース車はアレでも、フロントガラスを起こして、ダサいツリ目ライトを止めたことで、雰囲気は良くなっていると思います。まあある意味トヨタの言う無難なんですけど、プリウスの様に環境破壊するデザインじゃなく、ある意味周囲と調和していると思いました。
そんな長時間乗っていないので、シートはなんとも言えませんが、短時間なら快適だと言えるものでした。
後は光岡に期待したいですね!

No title

JPNタクシー、16年にコンセプトが発表されたときは慣れ親しんだコンフォート系の消滅がいささか残念だと感じましたが、いざ市販モデルが出て、いざタクシーとして乗ってみると快適なんですよね。広い車内が如何に大事なのかがよくわかります。おまけに、冬だとシートにヒーターが付いてるので温かいんですよね(笑)

UDタクシーで車いすでも……というのが売りなようですが、乗り降りに時間がかかる事もあってドライバーからそう言った乗客が敬遠されて居たり、(日本の)タクシー好きの人やドライバーからは細かい所で結構不評なようですが、良くも悪くもトヨタなのでその辺は改善していくんじゃないかと思う次第です。

つい先日、ロンドンタクシーが来年の2月に日本市場でも売り出されることが発表されたようで……。EVモデルらしいので日本のタクシー市場に入り込む余地があるのかはかなり未知数ですが、ロンドンタクシーを彷彿とさせるスタイルのJPNタクシーと最新のロンドンタクシーが並んで見られる日が近いのかと思うと楽しみでもあります。


No title

ジャパンタクシー、クラウン+セドリックが多い地元でも、ちらほらと目にするようになりましたね。まあ、クラウンは安全基準も90年代のそれですし、もちろん乗り心地も昔の日本車のそれでしかないのですから、早いとこ変えてほしい感はありますね・・・それにしても、ドイツはベンツがモデルチェンジするたびにタクシーも最新型のC・Eクラスにモデルチェンジされていますが、なぜ日本では旧型のクラウンが使われ続けたのでしょうかね?それに、ドイツだとVWの黄タクなんかも見かけましたが、日本じゃ黄タク=殆どクラウンかセドリックのどちらかですし・・・
ロンドンタクシーですか・・・正直、上陸しても、中身ボルボじゃ信頼性もないですし、アルファードという強力なライバルに蹴落とされるだけだと思いますね・・・JDパワーの購入3年後の不具合報告だかで、ボルボ、ワースト3でしたし・・・

No title

chagatayidさん
やはり日本では、クラウン・コンフォートや、ニッサン・クルーといったタクシー専用車種が作られたことからでしょう。
アメリカでも、クラウン・ビクトリアが20年間も使われました。
結局はソレで競争が無いという状況もあります。今やタクシーはトヨタ一択の時代なので。

ヨーロッパ車は、維持費の面で日本でタクシーとして使用するのには向いていませんが、光岡がソレっぽいスタイルでも作ってくれれば面白いですね。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。