日本の複雑怪奇なトイレの話

日本の話
01 /14 2020
日本の家電は、余りに世界の趨勢から逸脱したガラパゴス化によって今や壊滅状態ですが、私も含めて海外から来た者が日本で悩まされるのは、他でもないトイレなのです!

先ずは気持ち悪いくらいに生暖かい便座、ウォシュレットなんていうモノは先ず欧米にはありませんし、特にホテルや店舗なんかのトイレでは、フタを開けるのも電動、水を流すのも電動のボタン…なんていう有様です!

確かにそういう場合、日本語と英語で説明が書いてありますが、そんな物読まなきゃいけないトイレって、一体なんなんでしょう?

普通水を流すの装置というものは、タンクの何処かに付いているのが世界の常識です。
その辺りに無い場合はセンサーで自動式というのが普通です。

一体誰がウォシュレットのスイッチボックスと一緒の場所に有ると考えるでしょうか?

スイッチというものは、使用頻度に応じて大きさを変えたり、色を変えたりするのは常識以前の話なのですが、それさえも出来ていなくて、水洗ボタンが他と同じ様な形というのは、余りに酷い設計です。

そうやって何でも電動化する事のメリットは何なのでしょうか?コックの操作が億劫?手が届きにくい?
何処まで人を横着にさせれば気が済むんでしょうか?

複雑怪奇で操作性が洗練されていないのは、日本家電の特徴ですが、コレは余りに酷いですね…。

Comments

Private comment

No title

確かに、近くのスーパーにあるトイレも、スイッチがどこにあるか分からないんですよね。温かい便座、冬の間とかはいいので個人的には好きですが、水を流す程度の事のために、わざわざスイッチを探さなきゃいけないって一体何なんでしょう?
むしろ、古い建物のトイレのほうが、レバーが常識的な位置についていて便利ですね。大学のトイレも、ウォシュレットに温かい便座ですが、レバーの位置は常識的ですし・・・
そもそも、洋式トイレ自体、19世紀に「座って用を足す方が文明的だ・・・」なんて、何ら合理的でもない発想の元に生み出されたものなんですから、横に足を置く台でもおいてほしいですね!和式に比べて、あの踏ん張りづらさといったら!
ウォシュレットだって、開発の過程で医学関係者は1人も関わっていなかった、なんて話を大学の先生がしていましたね・・・ノロウイルス感染の原因になりかねないと聞きました。そもそも長居すること自体、感染のリスクを上げるそうですが。

No title

確かに、外国人には使いにくいでしょうね、日本の高機能トイレは。

私たち日本人でも時には流すボタンはどこなの?

とトイレ内で探し回る時があるくらいですからねえ。

自分の用足しまで機械に指図されたくないなあ、と思いますね(^^)

No title

chagatayidさん
本当に同じ様な形のスイッチが並んでいるのは、良くないですね。
まるで昔のキャデラックのドアスイッチみたいです。
欧米ではそれ以前、トイレなんてふきゅうしていなくて、オマルで窓からポイが普通でした。

そう考えたら、日本の方がはるかに歴史があるのに、何故敢えて様式にするのか、理解できません。

No title

wwf888899さん
ああ言うのって、英語で書いてあったって、予備知識がないと分からないですね。
日本人なら、横のスイッチのどれかだと思いますが、予備知識がなければ、ソレさえも分かりませんから、恐らくセンサー式だと思って、流さずに行くと思います。

No title

潔癖症の人が水洗レバーに触れたくないのかな、と一瞬思いましたが
それなら流すボタンも他人が触れてるから一緒ですよねえ。
便座は手を触れたくないのもわからんでは無いですが。

No title

sageさん
カナダでは、そんな理由から、最近はセンサー式のタイプが増えていますが、日本では意外とソレは多くない様ですね。

No title

実は私は和式(世界中にあるスタイルだが)が好きでして・・😉
知らないおっさんが座った便座なんかに座りたくないです😤

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して11年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。