fc2ブログ

シボレー・コルヴェア

シボレー
11 /09 2020
シボレー・コルヴェア リア

シボレー・コルヴェア
街を歩いていたら、後ろから結構勇ましい音を立てた車が通り過ぎて行きました。
あの後ろ姿は…間違いなくシボレー・コルヴェアです!

そして、その勇ましい音も、空冷水平対向6気筒エンジンならではのモノです。
交通もユックリしていたので、何とか走って追い付き、フロント周りも撮影することができました。

シボレー・コルヴェア フロント

シボレー・コルヴェアはGMが販売したコンパクトカーで、1960年に発売されました。
アメリカ・ビッグ3というのは自由競争を建前としているものの、皆59年を最後にテールフィンの競走を止め、60年以降は皆申し合わせた様にテールフィンを小型化したり、同年、フォード・ファルコン、プリマス・ヴァリアントといったコルベアと同クラスのコンパクトカーに3社同時に参入している辺りも面白い所です。

1.車の大型化、豪華化に明け暮れた50年代の反省
2.徐々に販売台数を伸ばしてきたVWやBMCといった輸入車への対応

この辺りがビッグ3の小型車参入への原動力となった訳ですが、特に2は、2台目の車を持つ家庭が増えてきたという市場の変化もありました。

それまでは1台、家族全員で乗る快適な車が圧倒的な人気を誇っていた所に、2台目として、よりコンパクトで経済的な車を求める人が増えたのです。

そんな中で登場したコルヴェアですが、単にダウンサイズに留まらず、モノコックボディを始め、エンジンはアルミ製の空冷水平対向6気筒という、他とは全く共通点の無いレイアウトのエンジンで、コレは当時人気を得ていたVWビートルに2気筒足した様なレイアウトでした。

アメリカとしてはエンジンからシャシーまで完全に新設計という極めて意欲的な製品で、実際に新鮮なデザインも手伝い、かなりの人気を得たのですが、同時にリアエンジン特有の前後の重量配分のアンバランスさ、そしてコーナーで腰砕けになるスイングアクスル式リア・サスペンションを原因とした操縦性の悪さ等、安全性に疑念を持たれ、ラルフ・ネーダーによる告発を受けることになってしまいました。

当時のラルフ・ネーダーは一介の弁護士に過ぎず、そんな人物が、神のような絶対的な存在であったGM様に楯突くとはケシカラン、一体どんな奴なんだ?と探偵を雇って身辺調査を行おうとしたところ、その事がプライバシー侵害で逆に訴えられ、莫大な賠償金を支払うと共に、欠陥車を隠蔽しようとしたGMの評判にも大きく泥を塗り、そして以降、コルヴェアの販売も低迷し、1969年には生産中止となっています。

この事件をきっかけに、車の安全性をメーカー任せ出なく、FMVSSとして政府が関わる様になり、アメリカ車の安全性向上に一役買うことになりました。

更に後に発売したシボレー・ベガの欠陥騒ぎもあり、以降長期に渡ってGMが意欲的な車を作ることは無くなり、古いメカを使い回す我々の知るGMへと変わっていったのです。

コルヴェアも欠陥車として人気も低迷し、大切にされなかった事もあり、今日その姿を見ることは非常に珍しいと言えます。
キューバでは時々見掛けたのですが、走っている姿は正直記憶に無いと思います。

それだけに、今とこうやって走って追いついてまで撮影したいと思う存在だったのです。

それにしても、こんな特殊なエンジン、キューバでは一体どんな載せ替えをやっているんでしょうか?
もしかしたら、VWビートルのエンジンだったりして…。

しかし、このデザイン…私は日野コンテッサと似ていると思うんですが、コルヴェアはビル・ミッチェル、コンテッサはミケロッティで、実際には関係ありません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>神のような絶対的な存在であったGM様

GMの社屋ってGMのカーデザイナーがデザインしたようで、つまり今でいうアップルみたいな会社だったと・・🤔
それぐらい権勢を誇っていたということですね😧

今やダイキン工業以下の時価総額になってますけど・・😏

No title

m0p4rさん
アメリカ中がその動向を気にして、毎年ニューモデルをお祭り騒ぎで見守って…という意味では似てるかも知れませんね。
80年代位まではアメリカ国内で5割のシェアがありましたし、かつては世界の車の半分がアメリカ製でその半分がGM製と言われた位に圧倒的で、良い車を作って当たり前だという会社だっただけに、このコルベア事件は衝撃的だったんです。

今や何の価値も無い会社に落ちぶれましたし、3社合わせても5割に満たないんですから!

No title

そういえば、ついにBuickからセダンが無くなってました😲
中国では売ってるんでしょうけど😪

No title

m0p4rさん
本当に中途半端なSUVモドキだけになりました。
シボレーじゃなくて敢えてビュイックに高い金払う価値が有るとも思えませんね。
ラクロスなんかは中国でまだ販売してる様ですね。

No title

このシボレーコルベアのエンジンはライカミング製でヘリコプターの動力源にも使われたような。
空冷6気筒というのもポルシェ911と並び、この時代にあっては破天荒なエンジンでそう言えばチェコのタトラも戦後1950年代のセダンT603の2.5リッターから最終T613のDOHC機構3.5リッターまでボアアップを繰り返しつつ空冷6気筒を貫いたのは知る人ぞ知る事実ですね。
コルベアのラルフ・ネーダー弁護士による転倒問題騒動といい、後の1970年代のシボレーベガのアルミエンジン欠陥問題といい、それ以後のGM自身まさに「羹に懲りて膾を吹く」を地で行った顛末を示したと言えませんか、ねえ管理人様。

No title

是正
タトラT603-613のエンジン
(正)空冷V8気筒
(誤)空冷6気筒
お詫び申し上げます。

No title

真鍋清さん
この手の空冷エンジンは、セスナ機なんかにも人気ですね。
VWなんかも結構使われています。結構売れて台数が多かった上に不人気になって大量に投棄されて安く手に入ったコルベアのエンジンも、飛行機への転用は結構有った様です。

この車も65年にモデルチェンジを受けていて、ネーダーが批判したのは写真の初代だったのですが、この影響で改良されて問題のない新型も売れなくなってしまいました。
まあ、車の出来もですが、メーカーの対応の拙さに殺された車だと言えます。

テンペストも失敗し、ヴェガも失敗し、後は安い車はOHV直6のFRばかりになりました。

チェコは元々工業レベルの高い国で、タトラも空冷V8なんてのをやっていましたが、同時に共産圏の品質管理を考えると、果たしてマトモに走ったんでしょうか?あのヘッドライトは、日本の保安基準も通りませんね!

No title

間延びしたボディに対してタイヤとホイールが小さすぎるような…と思っていたら実車もこんなスタイルだったんだなぁとホットウィールでイェンコ仕様が最近リリースされた時に思いました。
小柄な筈なのになんか大きく見えるってなんでしょうなぁ。

No title

サカBさん
リアエンジンのデザインってなかなか難しいですよね。Cピラーとリアホイールの位置の関係で間延びして見えるんだと思います。
随分とホイールベースが長く見えますが、実は初代マスタングと殆ど変わらなかったりします。
まあ実物見てあまり大きいという印象は無いんですけど、確かに間延びして見えると思います。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。