fc2ブログ

バンクーバーのパイ事情

カナダ情勢
06 /28 2022
オーストラリア風パイ

以前、バンクーバーで売られている冷凍のミートパイが酷いものだという話しをしました。
実はバンクーバーには、以前からオーストラリア風のパイの店があるのです。
前からその存在自体は知っていたのですが、どうも店が小綺麗すぎて…こういう小綺麗な店というのは、北米では注意が必要なのです。

取り敢えず先日、昼食に入ってみました。
中身も何かお高く止まっているというか・・・泥臭いニュージーランドのソレとは何か違うのです。

https://www.peakedpies.com/lunch-dinner/

そんな中で一番ソレっぽい、ステーキ、ベーコン&チーズという奴を注文しました。

パイ生地もシッカリしていて、大きさはビッグペンなんかよりも大分大きめです。そして味もニュージーランドのソレと非常に近いもので、満足行くものでした。

しかし・・・ですよ!
その値段が、驚くことに9.3ドルです!

たかがパイ一つに10ドル近くも払うとは…。
かつてニュージーランドでは、ビッグベンで1.5ドル程度、ベーカリーやファストフード店なんかでも、精々3.5ドル程度といった感じでした。

それが10ドルとは・・・小綺麗なカフェの様な内装も何か鼻につきました。
ああいうのって、泥臭い地元のベーカリーで買って、立ち食いする…ソレ以上でもソレ以下でも無い存在です。

それをお洒落なカフェに腰掛けて、きれいな皿に・・・言ってみればナイフ&フォークで焼き鳥を食べる様なものじゃないですか?

そんな事に余計な金(チップ)を払う気もしないので、テイクアウトにしましたけど。
まあ一応昼食には十分な量でもありました。

アライグマの赤ちゃん

今年は今までずっと天候不順であったバンクーバーですが、週末辺りからようやく夏本番という感じになってきました。
日本だと、夏本番ではとても食べる気にはならないであろう、この様な温かい食べ物ですが、バンクーバーでは問題ありません。

そして夏本番といえば、こんな連中が木から降りてきて、地面で活動する様になってきました。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

9.3ドルで美味しくて十分な量となると北米では合格点かもしれませんね🤔
予約するようなレストランでも機内食レベルのものが出てきたりしますし😥

No title

確かにそうかも知れませんね。10ドル出して糞不味いのは当たり前なので、パイ一個で10ドルでも、味が良ければ良しとしないといけないんでしょうね!

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。