fc2ブログ

キャデラックCT5

キャデラック
09 /06 2022
キャデラックCT5前

久々にキャデラックCT5を見かけました。
前回見かけたのが2021年3月、実に1年半ぶりのことでした。
CT5に限らず前回キャデラックを見かけたのは何時でしょうか?それ位にキャデラックって見かけないブランドになってしまいました。

キャデラックCT5横

前回見かけたのは白で、パッと見の印象がヒュンダイそのものでした。
今回は黒で少し風格が有るか?と思っても、決してそんな事はありません。

2021年のアメリカでの販売が9446台という、少量生産車か?と思うような低調な販売実績を誇ります。
カナダでは925台ということで、まあその半分以上はトロンと周辺でしょうから、見かけないのも当然だと言えます。
そして中国では62,098台と、遥かに多く販売されています。

しかし考えようによっては、カナダではXLSよりは売れているので、まあ良いのでしょうか?

キャデラックCT5後

車の生産が低調な今日、ある意味生産台数が減るのは仕方ない面も有るのでしょうけど、それにしても酷い成績です。

既に高級車=テスラ、BMWやメルセデスですら中高年向きという感の漂う今日、キャデラックのセダンには殆ど市場は残っていないのでしょう。

取り敢えず2023年モデルは有る様ですが、北米市場から撤退して中国専売ブランドになるのも時間の問題かも知れません。

当然カメラすら持ち出さず、スマホでの撮影です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

 周りに停まっているのが日本車とドイツ車というのも、なかなかに皮肉なものですね…それだけ米国車が北米で売れていないことの裏返しになるわけですが。
 実物はデカいのにあんまし迫力がないように見えるのは、やっぱりデザインが原因のように思えるのでありました。

 それはそうと、この度はスズキは日本車だから大丈夫という言葉に心打たれ、何度か試乗して吟味しつつ現行型ハスラー(厳密にはOEM車)を新車購入する運びとなったのですが、先入観などどこへやら、キャッチコピーが遊べる軽ゆえに人生がどう豊かになるものかと今ではワクワクしているのでありました。

No title

americancars4ever様
コメント欄から失礼します。アメリカ車の代表と言って差支え無いと思いますが、昨日フルモデルチェンジ発表された新型マスタング、「カーデザインスタジオ」のカテゴリあたりでまた評価していただけると幸いです。

No title

サカBさん
本当に日本車と韓国車、ドイツ車しか無いですよ。
アメ車なんてトラック位です。
更にEV化なんてことになったら、あれだけ巨大なビッグ3もほぼ死滅するでしょう。
この時期に新車とは良いですね!結構時間かかりませんか?
スズキはいい車ですよ。

No title

元都民さん
新型マスタングですけど、既にこちらでは話題にすらならない存在です。
既にこの手も身近な存在ではないのです。90年代に15000ドル程度で買えたマスタングも、既に5万ドルの世界です。そして5万ドルも払うのなら、もう少し違うのを選ぶという人が殆どで、既にこの手の市場というのは物凄く小さいのです。

リンカーン・コンチネンタルの様に、映像で見て好印象だったのが、実物見て印象悪かった例もあるので、先ずは現物を見て空にしたいと思います

No title

americancars4ever様
そうですか、確かに高くはなっていても、既報見る限り価格上昇分に見合う程度のクオリティアップを意図したと思っていたのですが……>マスタング
>既にこの手の市場というのは物凄く小さいのです ←という事でしたら、単に一車種の出来不出来の問題ではありませんし苦しいですね。

>先ずは現物を見て空にしたいと思います 
仰る通りです、機会ございましたらぜひよろしくお願いいたします。
他の項目も面白かったですが、貴ブログ特にスープラ他カーデザインスタジオカテゴリの話題は興味深く拝見しました。

No title

元都民さん
本当にマスタングもカマロもチャレンジャーも全く見かけません。
寧ろランボルギーニやフェラーリなんかの方が見かけるんじゃないか?という位に。

まあ、かなり独断と偏見の塊ですけど、楽しんでいただけて光栄です。ネット時代になって少しは忖度記事が減るかと思ったら、ネット時代だからこそ余計に忖度記事ばかりという今日ですよね・・・。

No title

americancars4ever様
マッスルカーカテゴリとしては売れていると聞くチャレンジャーでもそんな感じですか。EV版コンセプトも先日発表されたので、そこそこアピール力はあるのかな、と思っていました。

>ネット時代だからこそ余計に忖度記事ばかりという今日ですよね・・・。
私自身がそんなに知識があるわけではないので断言はできないのですが、それでも「これはないだろう」と思うような記事が載る某自動車メディアのネット版などは見なくなってしまいました。
(いずれにせよ、自分程度の知識での判断なので信頼は出来ないですが

No title

元都民さん
やはりあの手ではマスタングが一番売れています。2021年のカナダでの販売台数がカマロチ1196台、ャレンジャーが1413台、それに対してマスタングは4224台となっています。

そのマスタングすら全く見ないんですから、カマロやチャレンジャーなんて本当に皆無という印象です。

最早三本和彦氏や徳大寺有恒氏の様なジャーナリストは居ません。自動車評論家という連中すら完全に広告主の意向に沿ったことしか言いませんし、ウェブ化した旧雑誌系も結構いい加減なこと言いますし、ユーチューバーなんかも忖度系が多いです。大体メーカーから車を借りるという時点で忖度無しにはならないのです。

Google検索も、そういう大手ばかり引っかかりますし、寧ろネット以前よりも悪化していると思います。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。