fc2ブログ

バンクーバーの個人売買事情

カナダ情勢
11 /08 2022
今日はバンクーバーの個人売買について話しましょう。

日本に比べて古くからカナダでは個人売買が盛んで、インターネット以前はBuy&Sellという個人売買専門の新聞が一番一般的でした。
その他では、図書館、公民館といった公共の場所に設置された掲示板に広告を張り出すのが一般的な方法でした。

ところがインターネットが一般的になると、その手がネットに移るのは当然の話しです。

現在バンクーバーで一番利用されているのはCragslistでしょう。

「アレ、ebayじゃないの?」と思いますよね?
当然ebayも一般的ですが、多くの商品がアメリカから来る上に、アメリカからの送料を考えたら割高になることが結構多く、地域を限定出来るCragslist の方が手頃なのです。

更にCragslist のメリットとして、地元の人相手の売買なので、郵送なんかの手間も無く、対面で引き渡すことになるのも手軽に利用出来る理由です

なので、最初に先ずはCragslist を見て地元で入手できるかどうかを確認して、無い場合はebayを使うという考え方もあります。

さて、先日、昔使っていたカメラを一台Cragslist で売ることが出来ました。
8年も前に399ドルという大安売りで購入したカメラだったので大した期待はしていなかったのですが、ebayで値段を確認してみると、大体350ドル位で売っている人が多いことが分かりました。

そこで私も350ドルで掲載したものの、全く問い合わせもなく掲載期限が切れたのですが、再び掲載してみたところ、数日後に問い合わせがあり、結局320ドルで売ることが出来ました。

気になって他にどんな物が売られているのか確認してみたんですが、皆古いカメラを随分と高い値段で売っているんですね…。アレを見たら、私の320ドルだって悪くないと思えてしまう位です。しかし、8年前に399ドルだったカメラが320ドルッて…。

以前と違ってカナダでも、型遅れのカメラが安く売られる様なことも無くなりましたし、メーカーは何処も高価格帯の商品ばかりに集中しています。そんな訳で、エントリーレベルの商品が中古で高く取引されるという状況になっているのです。

これは車でも同じことで、現在、車ディーラーは在庫も持たず、書いたければ予約を入れて延々と待つ…まるでかつての共産主義国の様な状況になっており、そうなれば当然中古車だって随分と高くなりました。

こんな感じなので、手元にある壊れたカメラを修理して売ってやろうか?なんて考えています。

因みにバンクーバーでは Cragslist が人気ですけど、トロント周辺ではKijijiの方が人気であったり、地域差も確実に存在しています。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

eBayはもちろん使ったことがありますが、他は全然知りませんでした。おもしろい字面の綴りだなあと思ったら、スワヒリ語なんですね。まあ「village」だと確かに引っ掛かりなくて目立たないですもんね>Kijiji 

No title

元都民さん
ebayはアメリカとカナダと別々のサイトが有るんですけど、カナダのサイトでもアメリカからの出品のほうが多いんです。やはり地元のヤツで送料とか無しで対面でやる方が楽ですからね。Kijijiはバンクーバーでは全く無名で、トロントでは一番人気なんですが、ソレ故にバンクーバーでの出品はショボいですね。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。