fc2ブログ

ハワイで働く日本人ウエートレス 朝だけ週数日勤務で「月収100万円」

ニュース
11 /15 2022
 年初には1ドル=115円台だったドル円相場の円安進行が止まらない。10月下旬には約32年ぶりに1ドル=150円を突破した。一方で給料は30年も横ばいのままで、2021年の日本の平均賃金はG7で最下位となった。一方、海外では世界的な人手不足で賃金が上昇しており、超円安の状況下では、日本で働くより海外で働いた方が収入が増えると、話題になっている。アメリカで“出稼ぎ”をしている日本人たちに、そのリアルな給料事情を聞いた。


有名レストランのウエートレスでチップが月100万円
 サーフィンが趣味で、こんがり焼けた橋本恵美さん(25才)は、ハワイで充実した毎日を送っている。

「いまハワイは人手不足なので、時給がどんどん上がっています。私は現地の有名レストランでウエートレスをしていますが、人気店なのでチップがいい。朝だけ数時間、週数日のパートで月100万円くらい稼いでいます。趣味のサーフィンも楽しめて最高です」(橋本さん)

給料も仕事のやりがいも増えた
 海外は儲かるだけでなく、心が安らぐという声も多い。

 シカゴのパン店で働く小野寺洋二さん(40才・仮名)はコロナの影響で国内の勤務先が倒産し、1年半前に知り合いのツテをたどって渡米した。

「日本では手取りの月収が24万円でしたが、こっちは70万円。オーナーの知り合いの借家に妻と子供と暮らし、1年半で260万円貯金しました。子供は1人だけのつもりでしたが、経済的に落ち着いたので2人目もほしくなり、妻は現在、妊娠4か月です」(小野寺さん)

 朝5時に出勤する小野寺さんの帰宅は17時。一見、長時間労働だがトータル4時間の休憩があり、職住近接でランチは自宅で家族と食べている。週2~3回の休みはドライブや公園の散歩を楽しむ。

「日本で働いていた頃はサービス残業が当たり前でしたが、こっちでは収入が増えて精神的なゆとりができ、仕事にやりがいが持てるようになった。思い切って日本を出てよかったです」(小野寺さん)

日本で人間関係に苦しんだ夫がNYで5倍の年収
 ニューヨークで洋服やバッグのリフォーム店を経営する本田英恵さん(35才・仮名)は夫婦で大きな収入を得るに至った。

「日本のIT関連企業で働いていた夫が人間関係でメンタルをやられ、夫が学生時代に留学していたときの友人を頼って5年前に移住しました。日本で年俸800万円だった夫はフリープログラマーになって、いまでは年収4000万円、私の年収も1000万円ほどあります。自分たちのお金と時間を好きに使えることが幸せです」

※女性セブン2022年11月24日号




よくこうやって海外に移民して幸せになった・・・という記事をよく見かけますが、果たしてコレ、どこまで本当なのでしょうか?

最初のハワイでウェイトレスという話しですけど、確かに今ハワイで人材不足なのは事実です。しかし、だからと言ってウェイトレスでワークビザが取れるとは考えられませんし、学生ビザでのバイトも禁止されています。

まさか不法就労じゃないでしょうね?

2番目のシカゴのパン屋勤務というのも同じです。日本でパン屋を経営していて、それが全国的に有名で…とか言うのなら話は違うかも知れませんが、勤務先・・・と言っているので、普通のサラリーマンだったのでしょう。
それでアメリカに来てパン屋勤務って、一体どういうビザなのでしょうか?

3番目の方は日本でIT関係だったということで、まあワークビザの可能性はありますが、その場合、いきなりフリーでビザが降りるものなのでしょうか?

何かこういう海外生活を夢物語の様に宣伝している記事って、胡散臭さしか感じないんですよね・・・。
少なくとも移民経験のある私には、どうも嘘くさいとしか思えません。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

>アメリカで“出稼ぎ”をしている日本人たちに、そのリアルな給料事情を聞いた。

一体どういうツテがあったらそんな人達とコンタクトが取れるのだろうか🤔
取れたとしても普通給与の額なんて言わんよね🤔🤔
つまらん週刊誌に記事を売ってるゴミみたいなフリーライターの作り話ですな
この手はたいてい作家崩れだから作り話だけは得意だったりする😅

No title

m0p4r さん
こういう話って、普通ビザの知識がある程度あれば、有り得ない様な話しばかりなんですよね。
まあ100歩譲って地元の日系人の集まりに行ったとか、そういう可能性はないとは言えませんが・・・。

随分前ですが、ニュージーランド時代にある日本の雑誌のインタビューは受けたことがありますが、私の生活が余りに現実的で普通の話なので、採用されませんえでした。

まあテレビなんかと同じで創作はタップリ入っていると思いますね。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。