fc2ブログ

テスラ・ロードスター 電気自動車

無題
04 /22 2010

イメージ 1

テスラモータースは、2003年にアメリカで創業した電気自動車専門のメーカーです。
そして、今回紹介するロードスターは、2008年に発売された電気自動車のスポーツカーで、今日、日本での発売が決まりました。

98,000ドルどいう価格で、最高出力292馬力、最大トルク370 N・m、1回の充電で236マイル(378km)まで走行可能となっています。

それが日本での価格が1800万と、随分と割高になります。コレはアメ車の伝統です。

さて、この車。
同等の価格のガソリン車と比べ、どうなのでしょう?

エンジン部分のメンテナンスが必要無いというのはメリットですが、逆にバッテリーのメンテナンスは途轍もなく高価になることは当然です。

経済的には・・・なんて、こんな値段の車で経済性を語る事自体が馬鹿げています。

環境性能は・・・ガソリンを燃やさないという意味での環境性能は上ですが、一回の充電にどの程度の電気を使うのでしょう?これだけ電気自動車が話題になる様になったにも拘らず、平均的な家庭で電気自動車を使った場合、どの程度の電気代が掛かるのか、大したデータが無いのは、些か片手落ちとしか思えません。

そして、リチウムイオンバッテリーのリサイクルをどう確立するか?コレ無しに環境に優しいなどとはとても言えません。
要するに電気自動車は、一般に思われている程経済的でも環境に優しい訳でも無いのです。

そして、このテスラモータースという会社自体が、歴史も短く実績も大して無いメーカーな上に、当然サービス網も期待は出来ません。

こうやってトータルで見ると、やはり私なら既に実績のあるポルシェ911等、一般的なガソリン車を買うでしょう。


写真: 外見はロータス・エリーゼによく似ています。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

http://www.youtube.com/watch?v=C2jv39qUXeA
いくら軽量なノートPCのリチウム電池とは言えを6831個も積んでりゃ重量が500㌔増・・・全開で90㌔も走れないちゅーのも
「バッテリーの技術がブレイクスルーしない限りEVに将来は無い」「電池を充電する電気はどうやって作られているか知っているか?エコ厨の嫌いな原発がダメだと言うなら火力発電所くらいしか無いぞ どれだけのCo2を出すか知ってるか?」「プリウス一台作るのに世界中の貴重なレアメタルを乱獲しなければならない どこがエコだ?」「一番のエコは、今乗っている車をずっと乗り続ける事だろう?」
”エコエコ詐欺”にまんまと引っかかる人達に聞かせたい言葉です
ね。地球温暖化とCo2の因果関係は未だ何の科学的根拠も無いと言う事ですしね。
個人的にはホンダFCXや水素ロータリーに期待です。
おまけhttp://www.youtube.com/watch?v=ohWZ_ff9ws8
ジョンブルアホすぐるwwwww

No title

テレビで「日本はハイテクに興味を持つ有望なマーケット」なんて言ってたけど、その割にはアメリカの定価の倍ってのはね・・・w
過去100年間電気自動車はダメだった訳だし、ソレが急激に良くなる訳は無いしね。
走行距離云々言ったって、ガソリン車みたいに瞬時にチャージ出来ないし、まだまだ実験車の域を出てないってのが現実。
ソレを如何にもエコみたいにヨイショするメディアもねぇ・・・。

結局エコなんて、実際の環境ウンヌン以前に様々な政治的思惑が見え隠れして、不気味にしか感じないんだよね・・・。

No title

>やはり私なら既に実績のあるポルシェ911等、一般的なガソリン車
を買うでしょう。
まったく同感ですね。
燃料電池が実現性を帯びてきている現在、これに1800万円は
投じません。
monjiさんのおっしゃるとおり、地球温暖化とCo2の因果関係はなにも
根拠がなく、太古の昔から繰り返されている自然現象という説があり
ますよね。
「Co2や環境問題というと、皆が納得し予算がとれるので」という事
らしいです。

No title

YouTubeのトップギアの試乗、見ましたが、やはり航続距離という奴も、燃費と一緒でカタログデータと実際は乖離があるのかも知れません。充電に時間が掛かるのも、今の技術では如何し様も無い事です。

アメリカ元副大統領のアル・ゴアが必死で温暖化を唱えていましたが、彼は原子力発電に利権を持つ人物だとも言われており、著書「不都合な真実」の内容にも、相当賛否両論があります。

所詮は宣伝であり、利権であり、環境問題とは何ら関係の無いドロドロとした政治的なものでしか無いのでしょう。エコと言えば聞こえは良いですから。少し考えれば誰でも分かる様な嘘が、これだけメディアを通して流されて、誰一人と表立って否定しないのは、恐ろしい事です・

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。