fc2ブログ

72歳運転の車、スーパーに突っ込み客3人けが

ニュース
06 /29 2010
28日午後9時頃、大分市久原のスーパー「マックスバリュ坂ノ市店」に、同市汐見の男性(72)のワゴン車が突っ込み、レジ付近にいた客の女性3人が足にけがを負った。


 57歳の女性は骨折の疑いがあり、残る53歳と39歳の2人は打撲。

 大分県警大分東署の発表によると、車はガラスを突き破って店内に約1・5メートル突っ込み、レジ付近のテーブルに衝突して止まった。女性らはこのテーブルで足を打ったらしい。

 男性が駐車場に車を止めようとした際に、運転操作を誤ったと見られる。

(2010年6月29日00時27分 読売新聞)




本当に最近、この手のニュースが多いですね。
日本では事故の原因は、基本的に「運転者の操作ミス」で片付けられてしまいます。
そして、ドライバーも釈明することを良しとしない傾向があります。
本当にコレは単なる操作ミスだけなのでしょうか?

この手の事故の殆どが、コンビニ等、店のまん前で起こってる気がするのです。

ご存知の通り、現在の日本の駐車場は、殆どが車止めがあり、店に突っ込むということは、それを乗り越えて加速しているということで、相当な急加速をしていることになりませんか?
普通に運転できる人が、スタート時にそんな急加速をするでしょうか?

そして、現に私が日本に滞在している当時、映像で確認したところ、結構何例もトヨタ車でした。

本当に、例の急加速のリコールと関係ないのでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。