fc2ブログ

フォード F-550リムジン

リムジン、特殊車両
02 /08 2012
イメージ 1

イメージ 2


先日、バンクーバーで見かけたものです。
この巨大さはやはり異様で、私の他にも写真を撮っている人がいました。
普通の車の3台分はありそうな全長・・・・この手は普通自動車免許で運転できるのでしょうか?

先日話した様に、既にGMも大型SUVをFFベースのコンパクトなものに置き換えることが決まっており、折角根付きつつあったSUVベースのリムジンも、余り先が長く無い様です。

そうなると、最後に残ったFRのフレームボディーというと・・・・トラックになります。
このF-550は、全幅2.4m、全長5.7~7.2mという途轍もなく巨大なものをベースにストレッチして12m程は有るのでしょうか?

まあ、コレは極端にしても、例えばフォードF-150のストレッチでも、充分にリムジンとして通用すると思います。

SUVのコンパクト化で更なる迷走を始めたリムジン業界・・・・・もしかしたら、この辺に落ち着くのかも知れません。

ところでコレ・・・・一体何処をストレッチしているのでしょうか? イメージ 3
























これと見比べると、リアドアがそのままの形で後方に移動させられてるということは・・・・Bピラーの所で切断し、そのまま延長しているのでしょう。そして荷台も、長さはそのままで屋根を付けています。
当然室内は、運転席より後ろが、全て繋がっていて、広大なパーティールームになっているものと思います。

リムジンという言葉は、実は馬車の時代からあるもので、運転席と客室<後部座席)の間に仕切りが有る形式のものを差し、元々はリムジン=ストレッチではありませんでした。

因みに以前に紹介したコチラは、2008年にバンクーバーに来た時に見かけたものですが、後ろが荷台になっているのがジョークの様です。それ以降、コイツを目にした事は有りませんが・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

この手のリムジン、絶対に日本では見られませんね。
笑っちゃう。
昔、両親とVYRの空港からホテル・バンクーバーまでリムジンで行きました。
両親大喜び。楽しいな~

No title

うわ!これは強烈ですね~。
ハマーのストレッチリモもありますが、あれなんかより長いんでしょうか!?

そうそう「リムジン」ってドイツ語だと「セダン」の意味ですよね。
だから、ドイツではどんなに小型車でもセダン型ならリムジンと
呼ばれますね^^

No title

正直バスより大きいでしょうね。日本では走る場所も無さそうです。
ホテルバンクーバーまでリムジンなんて豪勢ですね・・・。

ホテルバンクーバーは、各国要人が泊まるホテルですし・・・まあ、リムジンは最近はタクシー代わりという利用法も有りますが・・・。

No title

日本には並行でしか入ってなかったので滅多に見ない4ドアのBMW・M3(E36)はリムジンと呼ばれてましたものね。
この手の車は坂道でスタックしないんだろうか?確か昔サンフランシスコの坂で亀の子になってる画像を見た気が・・・

No title

ハマーのリムジンは、最近見なくなりました。やはり生産中止になったからでしょうか?
ハマーとは言っても、軍用車のH1ではなく、H2なので、コレに比べると小さいですね。

ドイツ語ではそうなんですか?北米では、運転席と客席に仕切りがあるタイプですね。じゃあ、アメリカのタクシー(アクリル板の仕切りつき)もリムジンか・・・???

No title

4ドアのM3がリムジンねぇ・・・。大体M3っていうとクーペばっかりだった印象があるけど。

そのサンフランシスコの画像って、タウンカーだったよね?SUVだと最低地上高が高いから、むしろ運転し易かったりして・・・。
バンクーバーは比較的坂が少ないから、まあ良いだろうけど、オークランドのYHA横の坂なんかはヤバそうだね。

No title

確かに「リムジン」の語源は仕切り付きの馬車が由来だと思いますが、
ドイツの自動車雑誌やサイトなんかだとセダンとハッチバックも含めて
リムジンにカテゴライズされていたりしますね~。
日本には「リムジンバス」なんてのもありますし、色々と派生的使い方が
あるということでしょうか。

>オークランドのYHA横の坂 (笑
あそこは強烈でしたね。そういやNZにはギネスブック認定の
「世界一急な坂道」ってのも南島にありますね!!

No title

そう言えばリムジンバスも別に運転席が隔離されてる訳じゃ無いですね。何となく高級っぽい・・・という意味も有るのかも知れませんね。

やっぱり島国って坂が多いですよね。
今やYHA横もマンションが立ち並んでいます。あんな急なところにマンション建てるなんて、凄いですね。正直あそこには住みたくないです。

ギネスは確かダニーデンだったと思います。

No title

リンカーンMKTタウンカーとキャデラックXTSのリムジンが
ラスベガスのショーで発表されるそうです。大型FRセダンも絶滅し、大型SUVも絶滅危惧種なので、今後リムジンの種車がどうなるか見当もつきません。
かつての米車全盛期を知るものとしては今回発表されるリムジン2種にしても、これが今後の主流になるかと思うといい気分はしません。
http://www.lctshow.com/Page/Register.aspx


投稿する場所を間違ってランボルギーニのSUVのところにしてしまいました。

No title

キャデラックも既にDTSを打ち切り、今の所セダンはCTSとXTSのみになってしまいました。V8エンジンも既に無く、誰がどう見ても縮小傾向にしか見えません。
リムジンに必要なのは優雅で洗練された雰囲気だと思うのですが、そんな文化は廃れてしまった様で、残念ですね。

まあ、肝心のリムジンが「ガキのパーティー車」と化しているのも、また時代の流れですね・・・。

No title

最近の米車は韓国車レベルですよ。わざわざ輸入してまで外国で乗る意味はありません。

キャデラックもシックスティーンのような本当のフラッグシップカーがほしい、XTSはベンツでもSではなくEクラスあたりしか勝負できません。リンカーンも然り、かつてのコンチネンタルの後継者が必要です。

No title

キャデラックやリンカーンといえば、かつては高級車ではなく、「プレステージカー」でした。それを結局何を間違えたのか、Sクラスよりも下、最近はEクラス程度になってしまいました。

文化も伝統も捨て去った現在のアメ車は、仰る通り、韓国車と何ら変わらないのかも知れません。

キャデラックのアルファベット3文字の名前も覚え難いですが、リンカーンのMK何とかと言う名前も、同じ位ややこしくて嫌いです。高級車は名前も大切だと思うのですが・・・。

No title

所詮、ボディーは大衆車部門と同じですからね。性能や品質といった要素より、高くてもあえて金を払って乗ることに価値というかブランド力がすべてなんです。言い換えれば高価格車にすぎないんです。でもそこに見栄というかステイタスがあるわけです。米国は階級社会国からの移民がいたり、平等平等というけど暗黙に社会的階級が厳然として存在する国の文化でもあるんでしょう。シボレーはキャデラックよりも高かろうと、サイズが大きかろうと大衆車でしかありません。
もともと、米車は国内専用であり海外向けは現地法人のオペルとかボクソールなどが担っており、それぞれすみわけが出来ていました。それが、いまではGMはオペルの拡大劣化コピーになってしまいました。これなら、オペルは潰したほうが増しと思います。
これらの背景には、CAFE規制や安全規制、排ガス規制など、実現不可能なことをつぎつぎ通過させてきた政府の責任も大きいでしょう。

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。