fc2ブログ

サターン・スカイ / ポンティアック・ソルスティス

GM
07 /24 2012
イメージ 1

ポンティアック・ソルスティスは、2006年に登場した2シーター・ロードスターでした。
アメリカのジンクスで、「アメリカ製2シーターは大成しない・・・」というものがありますが、この車は、それまでのGMに有り勝ちだった、残り物のパーツを徹底的に流用して、取り合えずでっち上げた・・・という成り立ちではなく、新たに立ち上げたFRのシャシーを採用している辺りからも、大変にコストの掛かった車でもありました。

発売された2006年当時というと、北米の経済が比較的順調な時期でもあり、一時はアメリカでもポンティアック、サターン両者合わせて年間3万台以上と、このクラスとしては、比較的好調な売り上げを記録していたのですが、やはり、リーマンショックが起きた2008年には売り上げが激減し、2009年6月のGM破綻に際して、製造工場が閉鎖され、このシリーズも終焉を迎えました。

北米では、ポンティアックとサターン部門から販売されていましたが、その両部門が閉鎖されてしまいました。
ヨーロッパではオペル、韓国ではデーウから販売されていましたが、こちらも同時に販売が止まっています。

エンジンも2リッター・ターボと2.4リッター共に4気等で、マニュアルも用意されている辺り、むしろアメリカよりも、オペルが主体になって開発されてことが分かります。
この2リッターエンジンは、この車と共に登場したもので、この辺りも、従来のGMとは違い、大変にコストの掛かったものでした。

サイズも全長4mを切る、アメリカとしては異例なコンパクトサイズなのですが・・・・デザイン面で見ると、やはり、もう一回りコンパクトな方が、より、それらしい雰囲気だった・・・・というのが正直なところです。

それにしても不思議なのが、この車の販売元が、ポンティアックとサターンであったことです。本来なら、ポンティアックとシボレーだったのでは?と思うのですが、この決定は、一体何処から来たのでしょうか?

恐らく当時、サターンが深刻な販売不振に陥っており、何か話題性のあるニューモデルが欲しかった・・・そんな所だったのかも知れません。

GMとしては頑張ったものの、経営破たんという時代の渦に飲み込まれた・・・悲運の車でした。

どうもGMというメーカーは、頑張ると運が伴わない様な印象があるのですが・・・気のせいでしょうか?
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

americancars4ever

アメ車のブログとして開設して13年目、車以外にも様々な身の回りの話題を取り扱っています。